まもなくかなたの50句   佐藤文香

ひなまつり万華鏡から星を出し

紫の夜を蜜蜂は少女になる

踏絵して雨後は肋の如き雲

巻貝の殻に砂金や卒業す

春光はミシンのなかの街路樹へ

低く花ひろく銀貨のあおびかり

胡蝶二頭昨日手品に使いけり

ひかりつつ八重山吹の丘くだる

遊園地跡の菫がフェンス越し

春の風邪わが家に豆の溢れけり

マンボウの風船が浮く食品売場

花種の袋を跨ぐペルシャ猫

さざ波は田ごとにゆたか聖五月

文明開化指に躑躅の粘りあり

爪先を清水に浸す無名かな

全日制の靴箱にジャスミン満ちる

脱衣所に粽の笹を残しけり

鯉幟家の隣の焼けた小屋

目薬の鋭利な水や夜の新樹

月に氷青空市に金魚玉

ピスタチオ船室の浮輪はかたし

白薔薇の蕾は晴れた朝に似て

紫陽花は萼でそれらは言葉なり

六月の少女が描く過疎の村

ほたるぶくろまもなくかなたのをうたう

たてがみは肌より暗し泉川

崖に立つ林間学校のにおい

富士つめたく夏は我らに及ぶなり

砂に描く猫やその眼の底の海

信仰や如雨露で洗う足の裏

ひとつずつくらげ去りゆく鏡かな

眼鏡に乾く午睡の涙アイスティー

雹の昼走り出すとき息を止め

折鶴と天使したしく夏館

濡れて蛇の纏う黒、否、虹、これは

夕日に触れた海とホテルの冷房と

短夜の夢の渚のぜんまいあひる

かりそめの光に熱や水芭蕉

どんぶりの富嶽はげしき土用かな

黒日傘開く都会に鼻濁音

蝙蝠の体温うごく山の前

手つなぎ鬼の少女らは滝壺へ

海知らぬ川の背高泡立草

灯台を黄泉へ差し出す地球かな

地下街や晩年の身にワンピース

孔雀見て森とつぶやく夏の果

草の花身はかんむりにさだめられ

人形の腕腐りゆく真葛原

手押車ががらがらと銀河より

湯冷めして蛍汲む掌と思い居る


2009/5