そとばこ50句   上田信治


春の空びつくり箱のにせのへび

はくれんに風強き日やペンキ塗る

山焼く火自動車道より見上げたる

鶏糞のにほへるところ春の雪

測量の一人は梅の下に立ち

鳩のゐることに気がつく薮椿

ひとたびは青空を見し朝寝かな

花散るや象のかたちの滑り台

佃煮の飴のあかるさ春惜しむ

はらはらと仔細をつくすしらすかな

はまぐりの殻片方の上のそら

ころがると見え寄居虫の歩きだす

低木の葉むらに日あり虻のこゑ

横に寝たまま玉葱の芽吹くなり

りゆうりゆうと川藻のなびく端午かな

昼顔はほんたうにどこにでも咲く

じゆんさいのひとつをつまむ日の光

優曇華の空にきれいにそろひける

夕刊を薄しとおもふかたつむり

家よりもおほきな雲や百日紅

青柿やトタンの屋根のただ広く

扇風機土のはうまで吹いてをり

極端な大小のあるトマトかな

ほていあふひ石鹸皿にたまる水

サーファーら後ろを気にしつつ浮ぶ

上のとんぼ下のとんぼと入れかはる

とほくから颱風の来て木を折りぬ

あさがほの種置かれあり庭の石

へうたんの向う側にも人のをり

空港に降りれば秋の夜なりけり

温和しい犬のゐる家たうがらし

まだ外の明るいうちの秋灯

玄関の戸が開いてゐて月は西

二鉢のかまつか伸びて相寄りぬ

木目かたき机に秋の麦酒かな

側溝に雨の紅葉の打ちかさなる

雲低くいつそう低くひよどりは

水涸るるモニターに地下駐車場

音楽のなくて雪ふるホテルかな

山茶花や刺身ぼんやり口に入れ

枯菊のかくあれかしといふかたち

校庭にゐて霜焼の子に叱られ

貸部屋を求めし冬のよき日あり

葱に吹く風やはらかや雨のあと

花きやべつ配電盤が家のそと

晴れたればビニール袋朽葉充ち

見晴しの坂みつけたる二日かな

へこへこの本の外箱雪降りさう

ガラスから木枠を外す冬の雲

野水仙咲いて海とは古びぬもの




2007/5